TREK 7000 7速から8速へグレードアップ

購入してから約35年経過したTREKのリア変速を8速へ変えました。

段数に不都合は無かったのです。7速で充分でした。

ただしシフター操作に要する指の力が猛烈過酷だったので各部品の劣化やグリス類の固着?を考えると、もう全取っ替えする段階かな、と考えるに至り、シフター、ケーブル、リアディレーラー、リアホイール、カセットスプロケットを7速→8速対応に交換です。

f:id:sugoimiz:20211002140158j:plain

シフターやRDの交換は写真では見えないよなぁ。でも操作性は抜群に良くなりました。

RDは今風なbigプーリーです。流行を追いかけているみたいで恥ずかしいっす;

チェーンもシマノ純正の新品に交換です。35年もチェーン交換なしでトラブル無し。シマノの製品は優秀です。

 

携帯工具セットを自分で作る

DAHON Mu SLX でツーリングをするのに必要な工具は6,5,4mmのアーレンキーのみ。(パンク修理関係のタイヤレバーとか予備チューブは別途要りますけどね。)で、3種だけの工具セットを世の中で探したけど、売っていない。ToPeakの6種が一番小さいかな? なお、3本のアーレンキーをバラバラで持っていけば良いじゃんと言うのはスマートではない。ならば作ってしまおうという訳。

f:id:sugoimiz:20210925151229j:plain

出来上がった工具3種盛り合わせ。

f:id:sugoimiz:20210925115050j:plain

こちらは「原材料」の写真。トラスコのアーレンキーセット。ボールポイントなところが肝。128g

このままでも良いけどちょっと重たいし、不必要な規格の工具を持ち歩きたくないので、これを分解して作ります。

f:id:sugoimiz:20210925115321j:plain

必要なのはこの3本。58g、だいぶ軽くなった。ホントはアーレンキーの軸がもう少し短くて(その分軽いのが)いいんだけど、ボールポイント部分を切って捨てる訳にも行かないのでこのまま使います。ボールポイントじゃ無い普通のアーレンキーだったら短くしたいな、マジで。

塩ビのスペーサーを入れて円滑に繰り出しできる様に、と。

f:id:sugoimiz:20210925115457j:plain

要のボルトが少し長くてしっくりこないのでグラインダーで5mmぐらい削ってピタッと収まる様にします。

f:id:sugoimiz:20210925115733j:plain

スペーサーに使ったのは、トタン屋根固定釘の雨よけ。大きさと柔軟さ、潤滑性どれととってもバッチリです。要のボルトを削ったら1g軽くなりました。

f:id:sugoimiz:20210925150655j:plain

アーレンキー3本だけで使い勝手が悪いのではとの御心配は無用。3本をT字に拡げると取っ手ができてしまいます。天晴れじゃ!

f:id:sugoimiz:20210925150455j:plain

必要かつ充分な携帯工具ができました。



新しいジョギングシューズ着弾

新しいジョギングシューズを買ってしまいました。久しぶりのアシックスです。現行モデルの新品シューズを買うのも凄く久しぶりです。いつもは型落ち新品をヤフオクで買ってますからね。
川内選手が琵琶湖でアシックスの厚底を履いてパーソナルベストを出しましたし、高橋尚子さんもTwitterでアシックスを靴を買ったって書いてましたから、その影響大です。

f:id:sugoimiz:20210914184827j:plain

ノバブラスト2

 

アシックスの買い方アドバイスでは初心者、サブ4、サブ3と区分してますが、この靴は初心者用に該当します。
早速履いてみました。ふわふわです。下り坂をかかとから下りると気持ちいいです。ただし、母指球と踵がシーソーの様にギッコンバッタンと無駄に気持ち良くなるばかりで推進力にならない気もします。

最初の1kmはふわふわを楽しみましたが、5km走ると、それだけじゃ無くて左右の安定もあるし、疑問だった前向きの力もたくさん出せてるし、筋力の衰えてきたオジサン長距離ランナーには良いのかも、と思えてきました。

f:id:sugoimiz:20210914185507j:plain

ひも付き両方で485g

f:id:sugoimiz:20210914185601j:plain

太陽光の下で見るとオレンジが目立ちます

f:id:sugoimiz:20210914185637j:plain

踵部分の出っ張りが自分の足を引っ掻いたりしないか心配しましたが、5km走った限りでは問題なし。

おっと、GARMINを確認したら結構速く走れてる。仕事終わりの夕方のタイムにしては新品のシューズは薬が効き過ぎました。

 

 

アルマイト皮膜を紙やすりで取り除く地味だけど凄く疲れる作業完了

記憶に無いぐらい古くから所有しているボトルケージをDAHONに取り付けます。機体色に合わないのでアルマイト皮膜を紙やすりで削って地金の色にします。

f:id:sugoimiz:20210912160046g:plain

これを こうじゃ

f:id:sugoimiz:20210912160157j:plain

雨なので室内で装着して満足

めちゃめちゃ疲れました。

中華ペダルのチタン軸のネジがクランクにはまらない。ネジの目立てを手作業で実施

10日程前に到着した中華チタン軸のペダルがクランク側にはまりません。ネジが噛み合わないのです。クランク側のネジに問題はありません。クランクは有名メーカーのFSA製で、手持ちの別のペダルは問題なく取り付けられます。ですから、ペダル側のねじ切り加工の精度に問題があるのです。

ネジを中国人が扱う旋盤よりも高精度に金鋸とヤスリで仕上げ、直すしかなさそうです。ゴリゴリゴリゴリと、8月の暑い中を。

f:id:sugoimiz:20210828101640j:plain

完成です。スムーズに取り付けることができました。日本の職人技の勝利です。

チタン部品の切削は初めての体験でしたが、アルミとか軟鉄程度の硬さだと感じました。アルミも軟鉄も色々ありますけどね。愛着が沸くとか言う人が居るかも知れないですけど、その前に国際的に安価に安定して流通しているペダルのネジが取り付け不可能な精度でしか加工できないって、いったい何なんですかね? 

右ペダルは問題なくはめられます。このメーカーの旋盤職人は、左ペダル=逆ネジの加工が苦手みたいです。

ja.aliexpress.com

中華チタン軸ペダル到着からの即改造

f:id:sugoimiz:20210818184323j:plain

結構高級感のある箱に入って来ましたが中華お馴染みの箱がベコベコです。高級感もあったものではありません。

f:id:sugoimiz:20210818184531j:plain

問題は中身です。おお、軽い。ガタも無い。回転もスムーズだ。問題なし。ペアで187g。劇的に軽いです。

さて、ここからは到着したペダルの改造です。新品未使用ですけど新しい御主人様のしもべとなるのじゃ。

f:id:sugoimiz:20210818184903j:plain

やはりアリエクで買ったDAHONの機体と同一色のスリップ防止ピンへ換装です。

j

f:id:sugoimiz:20210818185133j:plain

狙いどおり。良い色じゃ。ちょっと高価だったけど。

 

DAHON Mu SLX サドル交換

f:id:sugoimiz:20210812174956j:plain

下が純正サドル、上が今回新しく着けるカーボンレールのサドル

 オリジナルサドルの使用感がとても悪い。私にはサドルの穴が必要みたいです。速攻で中華カーボン穴あきサドルを発注。

 オリジナルが300gジャスト、新入り君は111g。軽くなった上に乗り心地は明らかに向上、痛くない。

ja.aliexpress.com